お歳暮マナー

お歳暮の由来を知っていますか?
お歳暮は、年末に帰省できない親族などがお正月の歳神様へのお供えを本家に届けることが由来になっております。
年の暮れという意味の歳暮が本当の意味です。
しかし、歳末にお世話になった方々への贈り物の名称が現在のお歳暮の意味になっております。
お歳暮には、色々マナーがありますので、最低限のマナーを覚えておきましょう。
まずは、お歳暮を贈る時期です。
お歳暮は、その年のお礼を目的にしていますので、年内に送りましょう。
年末に近づくほど、基本忙しくなるので、12月25日くらいまでに送っておくと迷惑にもならないはずです。
但し、お正月用の生鮮食品を贈る場合は年末近くに届けましょう。
お歳暮の時期を過ぎたら表書きを変えてお届けすることをオススメします。
贈る側の年齢やお付き合いの度合いによって差がありますが一般的には3,000円~5,000円、お互いに無理のない程度の金額にしましょう。
両方贈る場合は、お歳暮よりもお中元の方が低額になる傾向があります。
どちらの由来も「お供えもの」だったことから食べ物が主流ですが贈る先の家族構成などを考慮して、相手に喜ばれるものを選びましょう。
目上の方に「現金」や「商品券・ギフト券」をお贈りすると失礼です。
また、履物や靴下などは「踏みつける」という意味につながるので避けましょう。
これが基本的お歳暮のマナーになっておりますので、覚えておいてください。
最近では、お歳暮では、化粧品などもあります。